m_122漫画「ブリーチ」は引き伸ばし?(64巻)
週刊少年ジャンプで長期連載している中の一つ。「ブリーチ」
33件のレビューがついていて5点中、2点と低評価となっています。
内分けを見てみましょう。
m_123(漫画「ブリーチ」は引き伸ばし?(64巻)
最低点が全体の55%

グラフ的には大半が最低点つけているように見えますが、その原因とは?
以下Amazonレビューの1点の中から印象に残った物を引用してみます。
------------------------------------------------------
★☆☆☆☆「ストーリー展開が極めて乏しい」

ストーリーに盛り上がりが全くない。同じパターンで戦うだけのバトル。

マンネリ化を避ける為か人気キャラが徐々に登場するが昔ほど魅力的なキャラクターでは無いので、結局は盛り上がらず出てきても同じ事を繰り返すだけ。

絵もあまり手を入れた印象がなく、スカスカな感じ。

------------------------------------------------------
★☆☆☆☆「セリフのあるイラスト集」

今ではすっかりドべ連載の常連になってしまった(本誌の方で)漂白漫画。

キャラがブレブレだとか、無駄に多過ぎるとか、展開がワンパターンだとか、仮面の軍勢とはなんだったのかとか、たまにカッコつけたコマがじわじわくるとか、(ページの余白的な意味で)漂白され過ぎだとか、そんなことはどうでもいいんです。

そうやって真面目に考えてしまうと、この漫画の存在意義が自分の中で無くなってしまうのです。 

いずれ自分が絵ばかりを見ている事に気が付きました。 そうして思い至ったのがタイトルです。 いやぁかっこいいですねブリーチ。「雰囲気がなんとなくかっこいい」感がありありと伝わってきます。個人的にグレミィのダボダボした服装が好きです。  


------------------------------------------------------
★☆☆☆☆「いい加減にしてほしい」
ブリーチは派手な必殺技と長い言い回しを繰り返して連載を引き延ばしている中身ゼロの漫画。

全巻持っている人はわかると思うが万人受けしそうな部分をペタペタ貼り合わせているだけで、ストーリーに一貫性がない。

推理小説で例えれば、謎解きそっちのけで延々と人殺しをつづけているようなもの。 盛り上がるのは、最初だけで2回以降は読む気が起こらない。

さすがに読者もそのことに気付いてきて、人気が急落しているようです。
そうした漫画は作者が連載を終わらせる気が全くないため、若手の連載機会を奪い長期的に掲載雑誌全体、ひいては漫画界を衰退させていくのではないでしょうか?

------------------------------------------------------

上記を含めたAmazonレビューの引用に対する私の感想

大半は「内容が薄い」「引き伸ばし」を感じるといった内容ですね。
たまに本誌で私もペラペラめくって見る事ありますが「白い余白が多い」「コマが大きい」「背景が少ない」といった印象を受けていますし、流し読みでも「展開が遅そうだな」という印象は受けますね。


「BLEACH―ブリーチ― 」久保帯人_64巻 (ジャンプコミックス)