ネット上で個人でやっている生放送番組を見てきました。

配信主のハンドルネームは「まるさし(ダレス)」さんだそうです。
リアルタイムの閲覧社が多く100人前後見ていたようです。

(画像はクリックで拡大)
d_h_10(ニコ生放送【アナログ】ラティファ【作画】
色紙にコピックで描いているようですね。(※ちなみに私もコピック持ってますね)
(コピックとは水性の色塗るペンですね)

プロの漫画家とかでも大半が使用しています。
作画で高い評価受けています漫画家の小畑健先生もコピックを主に使用しているようです。
(※小畑先生は漫画デスノートなどの作画でおなじみ)

d_h_12(ニコ生放送【アナログ】ラティファ【作画】
この茶色いのを描いている際に私は質問しました。
「茶色いのは何ですか?」.
すると配信主が答えてくれました。

「壁みたいなものです」など他にも細かい説明してくれました。

とこで、この「姫みたいな絵は誰なんでしょうか?」

このキャラクターは私は知らないんですが服や髪の色だと
TVゲーム「スーパーマリオ」に出て来るピーチ姫っぽくも見えますが、実際は・・・

『甘城 ブリリアントパーク』のキャラクター。だそうです。
ライトノベルのキャラだそうです。(賀東招二による富士見ファンタジア文庫)

そして・・・

d_h_11(ニコ生放送【アナログ】ラティファ【作画】
最後の方まで見てますと城とか宮殿らしき場所の柱とかのようですね。
色紙ですので飾るのに良さそうですね。

アナログの良い所は「1枚しかない原画」が出来る所だと思います。
デジタルは同じ物が複製できてしまいますので、そのような価値はつきませんので。

デジタルで例え上手く描けても「ソフトの力で描いているだけ」という評価受ける事も少なく無いでしょうが、アナログで上手く描ければ尊敬もされるでしょうね。

この「まるさし」さんのニコニコ生放送の枠は以下

「まるさし」ニコニコ生放送_コミュニティ


カラー水性ペン「Too コピック」36色 Aセット