am10:30_自転車にて_埼玉県草加市瀬崎町5-5-5【営業時間】am10:00~pm8:00 n_s_639(ハードオフ・オフハウス_(足立区・草加潮崎)
ハードオフ+オフハウスと2店舗はいっているそうです。
中に入ってみます。
n_s_641(ハードオフ_フィギュアコーナー(足立区・草加潮崎)
私が立っている所はCDとかのコーナー。そして写真の奥に見えますのがフィギュアやプラモのコーナー。
見てみます。
n_s_642(ハードオフ_フィギュア・ドラゴンボール(足立区・草加潮崎)
漫画「ドラゴンボール」(鳥山明)
主人公の悟空が胴着を来ているやつとヒロインであるブルマとかがありますね。
初期のやつで単行本の表紙のを再現したものですね。左奥がヤムチャですね。初期の活躍してた時期のですが。後半には「かませ犬」的な役割になるのでおなじみですね。

牛魔王もありますがこれも初期に出て来るやつで。細部までよく出来てますね。
どちらも1000円台で安いですね。

左のは漫画「ワンピース」に出て来る何かですね。ここは週刊少年ジャンプ系のやつを並べているわけですね。
近所のみなさん来てみてはいかがですか。
n_s_640(ハードオフ_フィギュア・ワンピース(足立区・草加潮崎)
右のは、漫画「ワンピース」に出るホーディ・ジョーンズとかいうキャラだそうで。
値札には「造形王頂上決戦2」と書いています。
細部までよく出来てますし漫画知らなくても興味持てそうな造形してるかもしれません。

左のはドラゴンボールに出て来る「パン」とかいうキャラで終盤に出るやつですね。
単行本だと40巻前後とかあたり?主人公の悟空の子供でした?悟飯の子供でした?ちょっと忘れてしまいました。

私は「ドラゴンボールがなければ絵描いてなかったかもしれない」という程に影響受けたのですが、このパンというキャラは、そんな私でも設定を忘れてしまうような少ししか出ないキャラなんですが、こういう脇役もフィギュア化されるとは

「ドラゴンボールという漫画が商品としていかに売れたか」という事でしょうかね。

ひきあいに出して悪いですが、週刊少年チャンピオンで昔「ヤンキーフィギュア」という漫画がありまして以下が表紙絵なんですけど
m_93(漫画「ヤンキーフィギュア」帯(予備校教師・林修
この漫画は「主人公格のヒロインがある出来事で小型化してフィギュアサイズになってしまう」

といういかにもフィギュア化しやすそうな設定の漫画がありますが、それは結局はフィギュア化されませんでしたけど結局、人気なかったからなんでしょう。

ドラゴンボールみたいに人気出ると「グッズが作られる」=「原作漫画を知らない人がフィギュア見て興味持って漫画も見てみる」=「そしてフィギュアも買うようになる」の好循環になります

ちなみにこのブログ内で漫画「ヤンキーフィギュア」(ミッチェル田中)の紹介してますので以下で見れますので、ご興味ある方はご覧ください。

漫画「ヤンキーフィギュア」の紹介


漫画「ワンピース」SCultures BIG 造形王頂上決戦2 vol.5 ホーディー
漫画「ドラゴンボール」SCultures BIG 造形天下一武道会4 其ノ七 ブルマ