pm4:30_自転車。
n_s_762(アートコレクションハウス」(足立区・西新井アリオ)
一部で悪評のあるおなじみのアートコレクションハウスが西新井アリオにもやってきました。

ちなみに一時的な展示で1週間くらいで今日が最終日でした。

この販売店の店舗の方に入った事ある人は、入り口を見ただけで恐怖心を覚える人もいるかもしれません。

いったい何が怖いのでしょうか?

ちなみに、どのくらいの値段か一部紹介します。
n_s_764「アートコレクションハウス」(足立区・西新井アリオ)
作者はSHUという方。21万6000円。
ちなみに、これら購入者がネットとかで転売すると一桁は安くなってしまうそうですし原価は1000円かかってない、なんて説もあります。

しかし、怖いのは値段ではありません
なぜなら、いくら高かろうが買わなければいいだけの話ですし。
怖いのは何かについて、これから説明します

では入ってみましょう。
n_s_765(アートコレクションハウス」(足立区・西新井アリオ)
客は私が入った時は2〜3人でした。この奥の方には椅子もありましたね。
この業者を知らない人は展示絵を見に入る事が何が怖いのかわからないでしょう。

私は入店する事自体、緊張感を感じました。
なぜなら昔、池袋の店舗に数回はいった事ありますし、その記憶があるからです。

その記憶とは・・・・?

説明しますと、ここの店に入ると、すぐさま店員が話かけてきて椅子に座らせようとします。
そして一旦座らされますと帰る方法は1つしかありません。それは

「数十万払い絵を買う」

しかし、もう1つだけ帰る方法があります。私はそれで過去に帰る事ができました。
それは「絵の説明をしている店員の話をさえぎるかのように立ち上がって帰る」という事でした。
これをやる度胸が、すぐにはなかったので当時、私は1時間以上は説明されたとは思います。

「それが出来ない性格の人は欲しくなくても買う事になります」

n_s_766「アートコレクションハウス」(足立区・西新井アリオ)
作者「内尾和正」という方。見た事ある記憶がありましたけど、pxivでたまに見かけてた背景画の方ですね。pixivではucchieyって名前でやってるみたいです。

この版画業者に関わるとイラストレーターも収入は良くなるみたいで前に私が客として入った時に店員の説明では「年収は億単位になってる先生もいます」との話でした。

普通はイラストレーターは年収は良くても1000万くらいのものらしいですから、破格の収入ですね。この版画販売は「原価1000円くらいのを数十万で売り続ける」という常識はずれの事をするからこそイラストレーターの収入も常識はずれになるのでしょうか。

そして、私は展示スペース内で見ている際に、店員が話かけてくる事を恐れていましたが、意外にも店員が話しかけてきませんでした。

理由については正確には知らないのですが、推測だと、今回の販売はこの版画店の店舗ではなく、他の建物_(西新井アリオ)で場所借りてやっている状態なので、あまりしつこい勧誘すると客が苦情を西新井アリオの方に言いに行かれてしまうと下手しますと「西新井アリオでの場所借りるが今度から拒否される危険がある」とかかな?と思いました。

店員にマンツーマンで話しかけられなくて済んだので早めに帰ります。
n_s_763(足立区_西新井・アリオ
もう夜になっていました。イルミネーションが奇麗ですね。
版画店員につかまらなくて済んだ事を祝福してくれているのかもしれません。

ちなみに、これらの高額版画販売についてはネットで検索しますと、いろいろ出ます。

その一つは以下で昔からある「版画批判の老舗サイト」ですね。

偽版画WORLD-エウリアンの素敵な世界-

ちなみに、この商法についての本が無いか調べましたが、漫画が出ているようです。以下。内容は「物語」であって解約の為の勉強になるような内容とかではないと思います

エウリアン桃子 1 (ヤングキングコミックス)