また服のシワの描き方マスターブックで練習してみました。
今回は以下のSFコスチュームのお手本を自分が描いたら、どうなるか」やってみました
(以下はクリックしますと倍くらいに拡大)

cg_r_35(絵の技法書「服のシワの描き方マスターブック」(SF


右のイラストレーター安森然という方がお手本で、それを見ながら私が描いたイラストが左ですね。
衣装デザインは一部、変更になってます

元の写真とかはこれに関しては掲載されてませんので、人体に関してはいつものように自分の脳内の人体を元に描いた感じです

塗りは、いつものように光源を設定して立体意識して「どの面にどのくらいの光量や影がつくか」を推測しながら塗る感じです。

この絵を描く際に何か写真とか何かの3DCGを参考にしたりしてません。

なるべく資料とかパソコンの補助機能みたいのを使わないで描く理由についてはパース線描かないのと同じ理由で訓練になる部分もあると思ってからです。

補助機能使わないように意識して立体認識能力を養っておくと空想の物を描く時とか、立体的に描きやすくなるんではないか?と思っています。

ちなみに上記のお手本イラストが掲載されてるページを以下に掲載します。
cg_r_36(絵の技法書「服のシワの描き方マスターブック」(SF


この技法書は写真とか充実してますし上記の
安森然氏のお手本イラストも複数、掲載されてます。

写真とか、どんなの掲載されてるか見たい方は以下の私のサイトで紹介してますので、ご興味ある方はどうぞ。

【犬面犬のサイト】『服のシワの描き方_マスターブック』を紹介


服のシワの描き方マスターブック (ナツメ社Artマスター)