今回は4回目の参加ですか。
放送内容は「らんまる_さん」という方が開催している絵の練習場。
ちなみに制限時間は2時間ですが途中までしか出来なかったので放送中には提出しませんでした。

今回のお題はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に出て来る女性キャラ・アスカ・ラングレー。
ちなみに放送見ていてビックリしたのが放送主がエヴァンゲリオンを知らない事でした。
何回か放送見ていて、毎回、美少女アニメ系の絵ばかり描いているので、てっきり秋葉系のアニメオタクの方かと思ってましたが、そうでもないようです。

しかし、そういう私はエヴァは第一話しか見た事なくてキャラ名とか見た目しか知らないので、そんな大差ないかもしれませんけど。

そして今回、時間内ではできなくて「居残り?」で描いたやつが以下

(クリックで倍くらいに拡大できます)
cg_r_38(ニコニコ生放送「みんなで模写」(エヴァ・アスカ
右はアニメ・エヴァンゲリオンの漫画版を担当なさっている作者「貞本義行_(さだもとよしゆき)」先生ですね。最近20年弱の連載が終了したそうですけど。

この作者の絵の特徴は体を現実の人間と比較しますと全体的に横幅を狭く描く_(特に骨盤)ですが、美少女アニメ系の絵ではよくある体型ですがこの絵はいつもよりか幅ありますね。

あと貞本先生は絵を描くのが速いらしく、労働時間は短いそうで、だいぶ楽をしている、というような事をオタク評論家・岡田としお氏が言ってました。それが事実とするなら、億単位稼いでらっしゃるでしょうし、効率良さそうですね。

今回描くにあたり似せて再現しようとしたのはポーズですね。
プラグスーツのデザインは基本は同じにして細部のデザインを追加してみました。

あとはプラグスーツはアニメや貞本先生の絵では服のシワがほとんどつかないんですが、
私の絵では服のシワつけてみました。

しかし、このアニメは未来の話なので、もしかして現代にはないような「伸び縮みする素材」とかであえてシワつかないものなのかもしれませんが・・・。

ちなみに服のシワ描く際は基本は過去に覚えた法則にもとづいて描きたしたものであり資料はありません。(参考資料は上記の貞本先生の絵のみ)となります

服のシワに立体感つけようとしたのでけっこう時間かかりました。2時間枠では到底できなかったですね。

あとは塗りで凝った所は光沢とかでしょうか。一応プラグスーツの部分ごとに質感変えてみましたが。

そして、放送内での放送主の「らんまるさん」の絵などは以下。
cg_r_39(ニコニコ生放送「みんなで模写」(エヴァ・アスカ
らんまるさんは絵を始めて4ヶ月の方だそうです。
上半身のみ、を描かれた模様。原画に似てますね。プラグスーツは造形が割と複雑なので手間かかるかもしれません。
ニコニコ生放送は右画面に放送の視聴者や参加者のコメントがリアルタイムで表示されます。

そして他の方の以下
cg_r_40(ニコニコ生放送「みんなで模写」(エヴァ・アスカ
この方は色も塗ったようですが途中までで時間切れなんでしょうか。
赤い色の鮮やかな感じとか手描き感がいいですね。

この放送のコミュニティは以下となります。ご興味ある方は参加や視聴してみてはいかがでしょうか。開催は不定期で割と深夜が多いようです。(ちなみに見るのも参加も無料)

ニコニコ生放送_コミュニティ「らんまるタイム」_(みんなで模写会)


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
漫画「新世紀エヴァンゲリオン」1-13巻セット (カドカワコミックス・エース) (14巻で完結)