最近やっています。
それでプレイ記録を書いてみます。

ちなみに、このゲームは、シリーズで過去20作はでていて、、第一作は、Jリーグ開幕の3年後の1996年『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!』(セガサターン)が発売されて以来
.20年続いているシリーズ.となります。

その最新作であるPS3版が2013年にでていまして、それを久々に買いました。

私にとっては10年ぶりくらいです。過去10年の間にもやりたくて購入検討した事もありましたがこのゲームは時間をまとめてつぎ込むタイプのゲームなので敬遠していました。

しかし、1500円くらいで買えるのもありますし、10年も我慢したので買ってみました

それでゲーム開始してみましょうか。以下
g_52(PS3「サカつく」本拠地選び
最初に本拠地を選べます。
私は一応、住んでいる足立区を選びました。

そして
g_53(PS3「サカつく」チームロゴ選び
チームのロゴマークも選べます。
名前が犬面犬なので犬の顔を選びました。

このゲームはJリーグの2部から始まります。

そして数年で1部に昇格しまして、

そして、8年目
g_55(PS3「サカつく」Jリーグ順位ランキング

Jリーグ初優勝。
ダントツの成績(無敗)で勝てました。

優勝チームのメンバーを見ていただきましょうか。
g_54Jリーグ初優勝チーム
サカつく、でおなじみの、架空有力選手は2年目に獲得できた西方省吾と立浪の2人です。
無敗で勝てる程には強いチームとも思えませんが、なぜ無敗で勝てたんでしょうか?

その要因の一つには上記画面の下の3つ並んだ枠の名前。
その左下にオレンジ色のがあります


それをアップで見ていただきましょうか。
g_57(サカつく・チームカラー・トリプルドライブ
トリプルドライブ。と書かれています。
これは.チームカラー.という要素で最近のサカつくで取り入れられた要素だそうで。

これはオレンジ色になってますが、これは効果が中くらいで一部の選手の能力が上がります。
偶然成立してたんですがダントツで優勝できた理由の一つにこれはあるかと思います。

ちなみに発動条件は選手のプレイスタイルが、特定の条件を満たした場合となります。
チームカラーは全部で数十種類あります。


そしてJリーグで優勝後は、このゲームどうなるかといいますと・・・・
g_58(PS3サカつく・ワールドプレミアシップ

.ワールドプレミアシップ.とかいうリーグが発生します。

これは世界中のビッククラブが集まって世界一を争う試合するリーグとなります。

ちなみに参加チームは
.レアル・マドリード。バイエルン。マンチェスターユナイテッド。バルセロナ.
など世界の強豪チームが参加しています。

Jリーグの中の1チームが、そんな中で勝てるものなんでしょうか?

しかし、希望が持てる要素があります。以下をご覧ください。
g_56(PS3サカつく・強力なユースチーム
上記はユースチーム。
ユースチームとは、自チームの下部組織で10代の若手を入れて育成する場所。

サカつくシリーズをいくつもやった人であれば、上のユースチームの選手が、いかにクオリティが高いかわかると思います。

.河本鬼茂。平塚浪馬。杉下竜次。東条英虎。白石義昭.
これらサカつくシリーズでおなじみの架空有力選手。

河本鬼茂は昔、現実にいた釜本邦茂がモデル。
平塚浪馬は中田英寿の事です。他は完全架空ですが、同等くらいの能力

上記まとめて、入ってきたのは運のよい部分もありますが、今作のサカつくはユースチームが非常に使える、というのがわかるかと思います。



さらに、ワールドプレミアシップでは、外国人枠がJリーグの3人から8人に増えましたし能力高い外国人選手をいれられます。
8人も外国人枠あるとはいえ、世界一にならないとゲームクリアにならないので妥協しないで外人選びたいです。

そして13年目に加入したのは・・・以下
g_59(PS3サカつく・メッシ入団
リオネル・メッシ。

昔のサカつくだと13年目ってチームの半数が日本代表になるくらいだったでしょうか?

ちなみに移籍金は80億くらいは払いました。能力値など見ていただきましょう。
g_61(PS3サカつく・メッシ能力値
オフェンスやテクニックの数値が満タン近いですね。
実物は最近世界最優秀選手賞5回目だそうで。

ちなみに左下の選手説明文は10パターンあり能力値を表しています。このメッシの場合は10段階中9段目の能力で覚醒練習を繰り返すともう一段上になります。



そしてチームを育てながら・・・15年目
g_51(PS3サカつく・ワールドプレミアシップ順位
.ワールドプレミアシップ優勝.

16勝2敗

この世界一になった私のチームのメンバーを見ていただきましょう。以下
g_62(PS3サカつく。ワールドプレミアシップ優勝チーム

フォーメーションは3-4-3

LWG___クリスチアーノ・ロナウド
RWG___リオネル・メッシ
CF_____河本鬼茂_(釜本邦茂

OMF___平塚浪馬_(中田英寿
SMF___イニエスタ
SMF___中村俊輔
DMF___岩城聡史

CB_____井鼻(井原正巳)
CB_____リオ・ファーディナンド
CB_____甲斐純哉

GK_____カシージャス

外国人は全員、ビッククラブで主力になる選手で日本選手は歴代日本代表の上位選手となります。


ちなみにチームカラーは、中以上の効果のは「トリプルパサー」ってのが成立してます。
これは、プレイスタイルが、平塚浪馬。イニエスタ。中村俊輔の3人がパサータイプで育てたので成立したようです。意識してなかったので偶然です。

このチームカラーはパス能力とかが3人、中アップって効果ですね。




それと、、今作は難易度が今までのシリーズで最も低いとのうわさがありますが、その低下についてなんですが、以下をご覧ください。

能力の説明文の所です。
g_63(PS3サカつく・平塚浪馬16才の能力値
「世界屈指の素質を持つ」と書いてあります。
しかし右の六角形の能力グラフは小さいものとなっています。

要するに、.まだ育つ前から、将来どのくらいの選手になるかわかる.のです。

昔の、サカつく、は.説明文が現時点での能力値.でした。


この仕様変更が、どのように難易度に影響与えるかわかるでしょうか?


要するに今作は、言いかえれば.クジを引く前から当たりがわかる」ような仕様.になっています。

この平塚浪馬は中田英寿なのですが、このゲーム初めてやる人だと知らないでしょうから、能力説明文が、もし書かれていなければ、スルーしてしまう事もあるわけです。

それが昔のサカつくの難易度の一つだったと思います。

最後に今作の私の感想ですが、非常に良かったと思います。
10年ぶりというのもあったのか、やりこみ度など進化を感じました。

その今作の、やり込み度については、いずれ新たな記事で書くかと思います。

少し言っておきますと「ユースチームへの後継者・指名システム」となります

このゲームは発売から2年はたっていて、今はAmazonだと送料込みで1500円くらいで買えます
以下


Amazonでは評価平均点が2点台ですが、発売当初のロード時間の遅さのせいもあったようです。
今はアップデートでロード時間はだいぶ速くなっていて歴代サカつくの中でも上位くらいかと思います。

あと難易度の低さについては初心者にはちょうどよいくらいかと思います。私は初心者ではないですが私にとっては丁度よい難易度低下のように感じましたし。

たぶん、じっくり、時間かけてやりこみたい人にとっては難易度低いように感じるのかもしれませんね。