m_29(プロフェッショナル仕事の流儀・漫画家・井上 雄彦
主に連載中のバガボンドの制作風景が主な内容となっていました。


m_31(仕事の流儀_井上 雄彦_バガボンド最終章
バガボンドも、そろそろ終わりら向かっているそうで。

m_32(仕事の流儀_バガボンド_武蔵
私はこの作者がスラムダンクを描いていた時期に絵に興味持ちまして、長く見ていますし絵的にも割と影響受けてますね。
(男の絵を描く時のみですが)



印象的な発言は「漫画家であり続ける為に描く気はない」
だそうで。あえてスラダンが人気あるのに辞めた動機などが垣間見えますね。

m_35(仕事の流儀_漫画家・井上 雄彦と編集者の打ち合わせ
バガボンドでは内容の制作に苦しんでいらっしゃるご様子で緊急の「編集者との打ち合わせ」が映し出されていました。

担当編集者の方で印象的だったのは、恐る恐る意見言ってるように見えました。
このくらいの売れっ子作家になると、下手に口出せないのかもしれませんね。



この「打ち合わせ」では伊藤一刀斉の性格設定について悩んでいるご様子でした。
井上 雄彦先生のマンガの作り方はストーリー作りにはこだをってなくて
「キャラクターの性格通りに動かしていって結果的にストーリーになっている」という制作スタイルだそうです。
m_36(ネーム作りで悩む井上 雄彦
伊藤一刀斉とは、以下の人ですね。威厳ある感じといいますかメンタリティ強そうな感じの性格設定ですね。


m_37(仕事の流儀_漫画家・井上 雄彦_ネーム
線で影描き込んで手間かかってそうですね。

 
 
m_33(プロ仕事の流儀_漫画家・井上 雄彦ネーム制作方法
井上 雄彦センセイのネーム制作の仕方について脳科学者・茂木さんが質問したりする場面もありました


m_34(井上 雄彦・最後のマンガ展・写真
井上 雄彦センセイの個展「最後のマンガ展」について触れるシーンもありました。