評価は「惜しかったね」という感じ。

私が自分にとっては「ここが見せ場」と思ってるあたりを「長所」として指摘してくれましたので。
一応、伝わったんだなとは思いました。
週刊少年ジャンプの時は、ふれてもらえなかったので。


「アシスタントやる気あるなら、紹介してもいいけど・・」というような話もしてくださいました。

しかしこちらの事情あり、やりませんでした。

「せっかく紹介してくれようとしたのに悪かったな」とは思いました。