m_55_(イラストレーター・ピョコタンの絵
私の、このブログのコメント欄に「イラストレーター・ピョコタンさん」からの書き込みがあったんですが、名前欄にサイトアドレスとメールアドレスのリンクが貼ってありました。

それで内容的には以下
m_54_(イラストレーター・ピョコタンのコメント書き込み
「マネキンに服を着せてポーズをとっただけ」
「人物に生気を感じ無い」
「全体的にのっぺりした表情ばかりで魅力を感じません」

「裸体の人物だけを徹底的に書いてみてはいかがでしょうか」

練習方法まで指定してくださっています。
そこで一応、ご本人に確認メールを送りました所、わざわざ返事頂けまして「自分ではない」という内容でした。

(もし本人ではない場合、「ピョコタン氏は批判精神の強い人なんだな」という印象を与えてしまいますし、そういうのを嫌う人もいるでしょうから、それで本人に確認しました)

本人ではないそうなのでコメントは非公開にしました。

ピョコタンさんのように有名になってきますと、こういう「なりすまし」などもあるわけで、大変ですね。

最近、度々私のブログに匿名などで批判的な内容がありますが「絵の練習をもっとしないといけない」「いかに、漫画家になれる可能性が無いのか」についてもいろんな言い方で書いてくださっていますが、パッション_(情熱)を感じますね。

-------------------------------------------------------------------

※ちなみに、コメント欄への書き込みで、この記事タイトルの「酷評」というのが、お気に召さない人がいるようですが、

「酷評」とは辞書上は「手厳しい評価」であり、「その内容が正しいか間違っているか」に関わらず批判的な内容ばかりであれば「酷評」なんだと思っています

ですから上記の偽ピョコタンさんの批評内容は8行中7行が「批判」ですから「酷評」という言い方は合ってると思っていますが。