ひきこもり・40才・童貞の漫画家志望者

PN=犬面犬。1976年生まれ。足立区に在住。最寄り駅_竹ノ塚。

ひきこもり・40才・童貞の漫画家志望者 イメージ画像
📨メッセージ送信
仕事などのご依頼は上の「メッセージ送信」をクリック。
このブログの写真や絵は無断転載可
(透かし文字やアドレスは消さないでご使用ください)

業界の問題点_(漫画)

【外部サイトへのリンク】連載終了は権利トラブルだった。。集英社・鳥嶋和彦氏の異動で『SLAM DUNK』復活へ!?連載終了時は95年あたりで20年くらい前になりますが、この漫画スラムダンクは当時、ドラゴンボールと並ぶ人気の漫画で発行部数が当時から累計1億部近くになっ
『スラムダンクは鳥嶋和彦が打ち切りにした?』の画像

トキワ荘プロジェクトを知らない方に少し説明かきますと、漫画家の育成機関みたいなもので建物は10個以上あり、そこに希望者が入居してプロ漫画家を目標に活動する、ってものです。それで、このトキワ荘プロジェクトにて最近「漫画ネーム講座」ってものが始まったそうです
『トキワ荘プロジェクト「漫画ネーム講座」6か月13万円の効果は?』の画像

若手マンガ家_(漫画家志望者etc)を支援する「トキワ荘プロジェクト」の10周年記念フォーラム「クリエイター支援の課題と可能性」の記事この記事の元にした詳細は以下から見れます。クリエイターに必要なのは技術? 才能? 努力? 締切? 若手マンガ家を支援する「トキワ
『トキワ荘プロジェクト「教育工学上は、才能=つぎ込んだ時間」』の画像

漫画編集者は週刊少年ジャンプだと編集者一人あたり漫画家志望者を100人抱えている.といいます。その全員が真剣に見てもらえていると思うでしょうか?「本気の指導受けられているのは、たぶん上位の数人だけだと思います。私は昔ジャンプで窓口担当がつくまではできました

漫画「DRスランプ」「ドラゴンボール」でおなじみの漫画家・鳥山明先生を発掘した初代編集者・鳥嶋和彦氏のインタビュー記事なんですが、歯に衣着せぬトークという感じで語ってくれていまして思う所あったので感想みたいな事を書いてみます。印象に残った発言をいくつかあげ
『元漫画編集者・鳥嶋和彦「ストーリー作りに凝るのは無駄」』の画像

私は、一人で制作進めていますが、理由の一つには漫画家を育てたい、なんて思っている編集者は何割り程度いるんだろうか?と思っています。そこでトキワ荘プロジェクトなるサイトで見た実際の漫画編集長の話を以下。以下は、ジャンプSQ.編集部 矢作康介編集長の話要は完成度
『漫画家は脳内に編集者を飼うべき?』の画像

ちなみに、この記事は、前半はサンデーの新編集長の方針の話ですけど、後半は.漫画編集者という職の残酷さ.ついての話に移行しますのでご了承ください。最近、週刊少年サンデー編集長に就任した市原武法さん。(ちなみに編集者時代は、あだち充先生の担当だったらしい)編集長
『少年サンデー新編集長・市原武法の改革から見る編集者という職の残酷さ』の画像

最近、ネット上で見ましたけど一智和智先生という漫画家の担当編集者の例。この漫画家の漫画は「バーサスアース」というものらしいです。最近、この連載が9巻で打ち切り.になった後。一智和智先生は.自主的にネットで続き描いて発表.しているそうですが.編集者からやめるよう
『漫画編集者と漫画家のトラブル例(一智和智・中村珍)』の画像

週間少年ジャンプ編集者の.服部ジャンバティスト哲.さんがジャンプ編集部から去るそうです。漫画編集者という職業は別部署に異動てのは、よくある事なんですが、、この服部さんはある大きい失敗によって左遷されたんじゃないか?と噂されています。その失敗とは.新たな看板に
『ある大ヒット漫画家を追い返したジャンプ編集者・服部哲さんが左遷?』の画像

漫画家・江川達也先生_(※注1)の昔のヒット漫画のリメイクだそうですが、新人漫画家あるいは志望者を募集しているようです。江川達也先生は漫画家だけでなくテレビタレントとしてもおなじみですね。(※注1)_江川達也=他には東京大学物語etcなど。選考基準は「流行の絵柄」だ
『漫画「まじかるタルるートくん」 リメイク企画の問題点』の画像

ニコニコ生放送「【外部リンク】佐藤秀峰・作画ライブ_(特攻の島)」で佐藤秀峰先生が言ってた内容について私が推測で考えてた事と同じだったのもあり、書いてみます。漫画家志望者や新人にとっては興味ある内容かもしれません。以下連載持って人気とれなくて短期で打ち切りに
『漫画連載持って短期打ち切りになると次のチャンスはない理由とは?』の画像

ニコニコ生放送にて漫画家・佐藤秀峰先生の話で聞いた話ですが「漫画家・井上雄彦がバガボンド連載を1年休止した真相」についてです。私は漫画家・井上雄彦先生は、昔からウォッチしていて連載中断の理由もいくつかのメディアから情報得ていたんですが(情報元は以下の2種)●
『漫画家・井上雄彦がバガボンド連載を1年休載した真相』の画像

漫画家・甲斐谷忍_(※注1)が自身のTwitter_(【外部サイト】上記のツイッター発言).「新人漫画家さんに持ち込みは薦めてません」..「持ち込みにメリットがあるなら教えて欲しい」.と発言したそうです。(※注1)甲斐谷忍_(LIAR GAME(集英社) そして他の漫画家の発言で「持
『漫画家・甲斐谷忍「持ち込みはメリット無い」』の画像

ニコニコ生放送「漫画家・佐藤秀峰・作画ライブ_(描クえもん)(※注1)」で業界の裏話的な事を話してましたけど佐藤先生は新人時代に福本伸行先生(※注2)の元でアシスタントしてたそうですが、 福本伸行先生の職場のエピソードで.「佐藤秀峰さんが春の季節にアシスタントで入
『漫画家・福本伸行のアシスタント職はブラック企業?』の画像

レンタルDVD店でおなじみのとこが漫画誌「アーススター」ってのをやっているらしくたまに書店で見かけた記憶がありますが、そこで漫画賞が行われたそうですが、この漫画賞、他所と違う点があってそれは以下。1位になると賞金が1000万円普通は高くても200万ですからね。1000万
『アーススター国民的まんがグランプリ_(賞金1000万円)の結果発表(TUTAYA)』の画像

↑このページのトップヘ